トップへ » ドクター紹介・経歴 » これからも続く、新たな知識、技術の習得

これからも続く、新たな知識、技術の習得

院長あいさつ私が生まれ育った長崎県の離島には、当時、歯医者さんは2、3軒しかありませんでした。だからといって小さな頃から歯医者さんに憧れていたわけではありません。ただ、進学を考えるようになった頃、父親から「歯医者はどうだ」と言われ、素直に受け入れることができました。

それは、幼い頃に歯医者さんで何時間も待たされ、「もっとたくさん歯医者さんがあれば」と思ったことが記憶に残っていたのかもしれません。その父の言葉がきっかけになり、大学は日本大学松戸歯学部に進学し、歯科医師への道を進みはじめたのです。

大学、そして医局員時代を通じて特に熱心に勉強したのが、詰め物や被せ物、入れ歯などの技術を学ぶ補綴学でした。入れ歯の場合、はじめの型採りがうまくできないと良い入れ歯はできません。その型採りがうまくできなかった私は、上達したいと思うあまり、どんどん補綴の勉強にのめり込んでいったのです。

当時から、勉強することはまったく苦になりませんでした。それよりも、新しい知識や技術を吸収することが楽しかったのです。その気持ちは今でも変わりません。ですから、今でも月に一回、WDSCというスタディクラブに通い、最新の歯科医療技術の習得に努めています。

補綴の場合、歯を抜いたり、削ったりする治療がどうしても伴います。そんな中、患者の皆様に与えるダメージを最小限にすることが、私たち歯科医師に課せられた使命だと感じています。これからも最先端の知識を取り入れ、技術を磨き続けたいと思います。


トップへ » ドクター紹介・経歴 » これからも続く、新たな知識、技術の習得


PAGE TOP