トップへ » 治療について » 予防歯科 » 歯の再石灰化とは

歯の再石灰化とは

歯の再石灰化歯の表面では常にカルシウムが溶け出し(脱灰)、そして再び取り込まれる(再石灰化)ということが繰り返されて、口の中のカルシウム・バランスが保たれています。

しかし、さまざまな要因によってこのバランスがくずれ、「脱灰>再石灰化」の状態が続くことがあります。これが「初期虫歯」と呼ばれる状態です。この段階で早期発見し、唾液中にフッ素を取り入れることにより、元の健康な状態に戻る場合もあるということがわかってきました。

虫歯はできるだけ「初期虫歯」の段階で把握して健康な歯に戻す、それができなければ最小の治療を行ってそれ以上の進行を食い止める、これが虫歯の治療での大切な考え方です。


トップへ » 治療について » 予防歯科 » 歯の再石灰化とは


PAGE TOP