トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 歯周病とは

歯周病とは

歯周病

当院では歯周病の治療にも積極的に取り組んでいます。初期治療から外科的手術、メンテナンスまで、症状にあわせた治療計画をご提案します。

歯周病の多くが以前は歯槽膿漏といわれていました。これは「歯槽(歯ぐき)から膿が漏れる」といった症状を表したもので、正式な病名は辺縁性歯周炎といいます。

歯周病は、

●歯がぐらつく
●歯ぐきから膿が出てくる
●噛むと痛みを感じる
●口臭がきつい

などの症状がでてきます。

歯周病原因は、歯の表面に付着したプラーク(歯垢)の中の細菌が作り出す毒素にあります。その毒素によって歯ぐきに炎症がおこります。この炎症が進行すると、歯と歯ぐきの間に歯周ポケットという隙間をつくってしまいます。

すると、その歯周ポケットから炎症が広がり、歯を支える骨(歯槽骨)などを溶かしてしまい、さらに進行すると、歯が動くようになり自然に脱落してしまう恐ろしい病気です。


トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 歯周病とは


PAGE TOP