トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 歯周再生療法

歯周再生療法

当院では、GTR法エムドゲイン法による、歯周再生療法に取り組んでいます。

歯周再生療法これまで歯周治療は、歯周ポケット内のプラークや歯石などの病因物質を機械的に除去することにより、歯周病の進行を止めることが目的でした。しかし、歯周ポケットが減少することにより歯肉の位置が下がり、歯がしみてきたり、歯が長くなったように見える場合があります。

しかし、歯周治療の究極の目的は、失われた歯周組織を元の健全な状態に回復させることにあります。現在では歯周病の病態、特に骨の欠損形態によっては歯周組織の再生が可能となりました。歯周再生療法の主なものとして、GTR法とエムドゲイン法があります。

GTR法GTR法
歯周外科処置時にメンブレンを歯肉の下に一定期間設置します。こうすることにより歯肉のダウングロースを防いで、骨や線維組織などの歯周組織の再生を促進します。

エムドゲイン法エムドゲイン法
歯周外科手術の際、手術部位にエンドゲインゲルを塗布することにより、歯の発生過程に似た環境を周囲に再現することで、失われた歯周組織を再生します。エンドゲインゲルの主成分のエナメルマトリックスデリバティブは、子供の頃、歯が生えてくるときに重要な働きをするとされるたんぱく質の一種です。


トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 歯周再生療法


PAGE TOP