トップへ » 治療について » 小児歯科・小児矯正 » 子どもの矯正はいつから始めればいいの?

子どもの矯正はいつから始めればいいの?

顔が一人ひとり違うように、歯やアゴ、そして心の成長はお子さまによってさまざまです。早い時期に始めたほうが良いお子さまもいれば、成長を待ってから始めたほうが良いお子さまもいます。

子どもの矯正矯正を始める時期ですが、一般的には6歳から7歳、永久歯の前歯と奥歯が生えてくる時期が最適だと考えられています。ただし、顎の変形が強いケースなどでは幼児のうちに一度ご来院をお勧めしています。

骨格のアンバランスをそのままにしておくと、5年後、10年後にはさらにバランスが崩れてしまい、その結果、矯正治療も難しくなってしまう場合があります。

最適な治療開始時期は、一定ではありません
小児矯正の場合、早い時期にしかできない治療があったり、後で行うことで治療が非常に困難となってしまうケースもあります。むしろできるだけ早い時期に治療を行うことで、良い結果が得られるケースも少なくありません。

歯並びが悪くなる原因や状態、程度が個人によってまったく異なるだけに、最適な治療開始時期も一定ではないのです。

早めに一度、矯正相談にいらしてください
今すぐ治療をスタートするか否かは別にして、まずは検診のつもりで、早めに一度、矯正相談にいらしてください。そうすることで、治療の程度や期間を最短、そして最小限にするためのご提案やアドバイスをさせていただきます。


トップへ » 治療について » 小児歯科・小児矯正 » 子どもの矯正はいつから始めればいいの?


PAGE TOP