トップへ » 治療について » 小児歯科・小児矯正 » 【不正咬合の種類】お子さんはどのタイプ?

【不正咬合の種類】お子さんはどのタイプ?

矯正治療が必要な不正咬合にはさまざまな種類があります。それぞれのタイプに合わせた治療が必要になります。

歯がデコボコ......(叢生)
歯がデコボコ(叢生)●歯の列がでこぼこしていると感じる
●歯に食べカスが残りやすい
●笑うと犬歯が見える

歯の生える場所が足りないため、凸凹にはえたり、重なりあって生えている状態です。歯を磨きにくく、そのため虫歯や歯肉炎を起こしやすくなります。歯周病にまで発展すると、若くても歯を失う可能性があります。

受け口で悩んでいます(受け口)
受け口●口を閉じると、下の歯列が上の歯列よりも前に出ている
●顎がしゃくれている
●下顎が発達しすぎている
●上手く咀嚼ができない
●言葉が聞き取りにくい、と言われることがある

噛み合わせた時、下の前歯が上の前歯より前に出ている状態です。一般的には「受け口」と言われます。遺伝的な要因もありますが、上唇を噛んだり、舌を突き出す等の癖が原因となっていることもあります。永久歯が生え揃うと、矯正以外の治療方法はありません。

出っ歯がずっと気になっています
出っ歯●上の前歯が下の前歯よりも、ひどく前に出ている
●上唇が上ったままで、口を閉じにくい
●無理して口を閉じると、口元が不自然に歪む

上の前歯が前に突き出している状態です。一般的には「出っ歯」と呼ばれます。前歯の角度異常、上顎が成長し過ぎている、下顎の成長不足、指しゃぶりの癖などが原因となります。また、発育過程で鼻に疾患を抱え、口呼吸になっている子どもにも多く見られる症状です。

噛み合わせが深い
噛み合わせが深い(過蓋咬合)●噛み合わせると前歯が深く沈み、上の歯が下の歯を隠してしまう

噛み合わせが深すぎる状態です。乳歯を早期に喪失したり、虫歯による奥歯の欠損を放置することが原因となります。笑ったときに上顎の歯肉が見えてしまったり、下の前歯が上顎の内側の歯肉を傷つけて炎症を起こすこともあります。

前歯がうまく閉じられない(開咬)
前歯がうまく閉じられない(開咬)●口を閉じても上の前歯と下の前歯の間に隙間ができてしまう
●舌を前方に突き出す癖がある

子どもの頃の指しゃぶりや、舌を突き出す癖、口呼吸などが原因です。上下の前歯を閉じても隙間ができるため、前歯で食べ物を噛み切ることが難しく、横の歯で噛み切ることになります。発音しづらいため、言葉が不明瞭で聞き取りにくくなることもあります。

すきっ歯で悩んでいる
すきっ歯で悩んでいる(正中離開)●歯と歯の間が空いている
●サ行などが発音しにくい

顎と歯の大きさが合っていない場合や、そもそも生えてきている歯が足りないことが原因です。歯と歯の間に隙間ができてしまっている状態なので発音がしにくく、見た目もよくありません。


トップへ » 治療について » 小児歯科・小児矯正 » 【不正咬合の種類】お子さんはどのタイプ?


PAGE TOP