トップへ » 治療について » 入れ歯治療 » 【総入れ歯の特徴】治療用義歯を作製してから本入れ歯を作製

【総入れ歯の特徴】治療用義歯を作製してから本入れ歯を作製

当院の総入れ歯の作製方法は、皆さまが今までに経験してこられた方法や保険治療で一般的に行われている方法とは大きく異なります。

総入れ歯の特徴長い間、不適合な入れ歯を使用していたり、噛みづらい入れ歯を入れていると、噛み合わせがずれてきたり、口元や頬の噛み合わせの筋肉のバランスが崩れたり、萎縮してしまいます。

そのため、当院では治療用義歯を製作してお口のリハビリテーション行った後、本入れ歯を製作するというシステムを基本的に採用しております。

まず治療用義歯を作製して、その内面にティッシュコンディショナーという機能印象材を併用します。それにより、入れ歯の周りの筋肉や舌の動きに調和した形を、本入れ歯に写し取っていきます。また同時に、変位した噛み合わせも修正していきます。

歯並び、特に上顎前歯の位置や形、大きさ、色調は、入れ歯装着後の審美性に大きく関わってきます。治療用義歯装着時のご意見を参考にしながら調整をくりかえす事により、審美的で機能的な入れ歯を作製することが可能となるのです。


トップへ » 治療について » 入れ歯治療 » 【総入れ歯の特徴】治療用義歯を作製してから本入れ歯を作製


PAGE TOP