トップへ » 治療について » インプラント

当院のインプラント治療

当院のインプラント治療

当院では、たとえインプラントをご希望でも、患者の皆様の安全を第一に考え、お勧めしないことがあります。検査とカウンセリングを通して、最適な治療計画を作成します。

現在、インプラントはそれほど特殊な治療法ではなくなってきました。適応すれば周りの天然歯を削る必要のないことや、違和感が少ないなどのメリットがあるため、患者の皆様の満足度が大きな治療法だといえるでしょう。

もちろん、ブリッジや入れ歯が優れている点もありますので、インプラントを100%お勧めするわけではありません。お口の中の状況、治療法のメリット・デメリット、治療に対するご希望などを総合的に判断して、最適な治療法を計画していきたいと考えております。

インプラントの症例

インプラントとは●インプラントとは
人間の歯は目で見える部分の歯(歯冠)と、それを支える根の部分(歯根)から成り立っています。歯を失うということは、それを支えている歯根も失ってしまうということです。
失われた歯根の部分に、チタン製の歯根を埋め込んで、義歯や冠の支えとするのがインプラント(人工歯根)治療です。

CT撮影で安全第一の治療を当院のインプラント治療
インプラントは手術を伴う以上、100%安全というわけではなく、常にリスクが存在します。そのため、当院ではより安全で確実なインプラント治療を行うためには、通常のレントゲン写真のみでは十分な情報量が得られないと考えています。

原則としてインプラント治療前にアゴの骨のCT撮影を行い、専用のソフトウェアで変換してインプラントの埋入位置や本数、骨造成等の必要性などを検討して治療計画を立てております。

そのため、インプラント治療に際して、提携医療機関にてCTの撮影をお願いしております。ご面倒をおかけしますがインプラント治療におけるリスクを0%に近づけるためにご協力をお願いしたいと思います。

インプラント治療の流れ

【STEP1】診査と治療計画
失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大きさ、位置により、治療法にはさまざまな選択肢があります。歯にかかる力の方向や強さはもちろん、患者さんに無理のない衛生管理などを含め、総合的に検討した上で、治療計画が立てられます。

次へ
【STEP2】一次手術
アゴの骨にインプラントを埋め込みます。

次へ
【STEP3】治療期間
一次手術後、3~6ヶ月の治療期間をおくことで、インプラントと骨が強い力で結合します(オッセオインテグレーション)。この期間、仮の歯を使用できる場合もあります。

次へ
【STEP4】二次手術
歯ぐきを開いて人工の歯を取り付ける準備をします。この状態で、歯ぐきが治るまで1~6週間おきます。

次へ
【STEP5】人工の歯を作製・装着
歯ぐきが治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。形や色などは患者さんに合わせて作製し、インプラントに取り付けます。

次へ
【STEP6】メンテナンスと定期健診
インプラントで治療した部分に限らず、口の中を衛生的に保つ必要があります。ブラッシングの方法などについて適切な指導を受け、また半年に一回程度の定期検診を受け、インプラントや人工の歯の状態、噛み合わせを確認します。

その日に噛めるインプラント治療 【抜歯即時埋入】

インプラントは魅力的な治療方法だけど、噛めるまでに時間がかかる。そんな考えから、敬遠している方は多いのではないでしょうか?当院では短期間で治療が終わる抜歯即時埋入法を提供しています。

インプラント治療 通常のインプラント治療では、一次手術、二次手術、歯の装着と何度も来院いただき、治療期間も長くかかります。しかし、抜歯をしたその日にインプラントを埋入すれば、一度の外科手術で治療が終わり、手術の負担が少なくなります。

当院では、抜歯後すぐにインプラントを埋入する抜歯即時埋入法を導入しています。抜歯とインプラント埋入を同時に行い、仮歯を装着します。これにより、その日に噛むことができます。抜歯即時埋入は、患者さんの精神的負担・時間的負担を取り除ける、魅力的な治療方法です。

<抜歯即時埋入のメリット>
・手術後に人工の歯(被せ物)を装着できるため、食事や会話に支障が出にくい
・見た目に歯が無い期間がない
・ほかのインプラント治療と比べて通院回数が少なく、患者さんの負担が軽い

※どんなケースでも抜歯即時埋入ができるわけではありません。抜歯する歯の場所や状態にもよりますので、ぜひ一度ご相談ください。

インプラントの症例(抜歯即時埋入)

インプラントと従来の治療法の比較表

従来の治療方法 インプラントによる治療方法 備考
インプラントと従来の治療法の比較表 インプラントと従来の治療法の比較表 ブリッジでは、周りの歯を大きく削らなければならないのに対し、インプラントは両隣の歯はそのままで、負担がかかりません。
インプラントと従来の治療法の比較表 インプラントと従来の治療法の比較表 奥歯を固定する為に金属の支えを使用する場合、従来の治療法では違和感を感じることが多く、さらに、清掃も難しく、審美性も良くありませんでした。インプラントでは、失われた歯根部分の骨を支えとするため、違和感が少なく、噛む力は天然歯と同様に骨に伝わります。
インプラントと従来の治療法の比較表 インプラントと従来の治療法の比較表 総入れ歯の場合、固定する力が弱く、ぐらついたり、ずれたりしてしまいます。インプラントでは、義歯をあごの骨に固定できるので、力を入れてかむことができます。

トップへ » 治療について » インプラント


PAGE TOP