トップへ » 5つの約束 » 無痛治療

麻酔の痛さ、削る痛さ、どちらが苦手が教えてください

無痛治療

「痛いのが苦手なら麻酔をすればいい」とは、当院では考えていません。麻酔の痛みが苦手な方もいらっしゃいます。患者さんに合わせて痛みを軽減する方法をご提案いたします。

患者の皆様が「歯医者は痛いからイヤだ」という"痛い"には、2つの意味があります。一つは歯を削ったり抜かれたりする自体の痛みのことで、もう一つは麻酔をする時の痛みです。どちらの痛みがイヤなのか、それは患者さんによって違います。

当院ではまず、そのどちらがイヤなのかを確認し、麻酔が苦手な方には麻酔なしで治療を施すこともございます。ただ、当院では麻酔を打つ際にも痛みを感じない打ち方を徹底しています。痛みが苦手な方は遠慮なくご相談ください。

痛みの少ない麻酔

麻酔注射をする際に痛みを感じさせない方法はいくつかあります。当院でも積極的に取り組んでいます。

痛みの少ない麻酔●痛みが少ない細い針を使用
●注射の痛みを減らす表面麻酔

当院では、麻酔注射時の痛みを緩和するために、さまざまな工夫をしています。表面麻酔をし、痛みが出やすい骨膜部分を避け、ひと肌に温めた麻酔液を使うことで麻酔をする際の不快感を軽減します。

また、前歯の治療の時には先に少しだけ表面に麻酔を効かせ、その後、本格的に注入すれば痛みを感じることはありません。

虫歯は早く治療することで痛みを感じることなく、治療時間も短くすみます。痛くなってからではなく、ぜひ早めのメンテナンスにお越しください。

【電動注射器】注射の圧力をコンピュータで制御します

麻酔の痛みをさらに和らげるために、麻酔液の注入は電動注射器を使います。

電動注射器麻酔注入時の痛みの原因は、実はその圧力にあります。電動注射器を使えば、コンピュータ制御で麻酔液をゆっくりと一定の速度で注入することができます。そのため、麻酔の嫌な痛みを緩和することができるのです。


トップへ » 5つの約束 » 無痛治療


PAGE TOP